[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

リラックス術で成功へ!転職ストレスを軽減する方法

この記事は約22分で読めます。
スポンサーリンク

今の会社でのストレスも高く、早く辞めたいけれど転職活動をするにもストレスが余計にかかりそうでモヤモヤ。

今回は転職ストレスを少しでも軽減する方法について、ご紹介していきます。

GREMA-LIFE
GREMA-LIFE

ざっくりお話すると、リラックス術を活用して転職を成功させようというお話です。

GREMA-LIFE

おもしろい・知りたいが見つかる生活応援WEBマガジン。 生活に役立つ情報などを中心ご紹介します。

スポンサーリンク

ストレスと転職の関係を理解してみる

転職活動中のストレスは、個人のメンタルヘルスや仕事へのパフォーマンスに深刻な影響を与える可能性があります。

ストレスが転職に与える影響とは⁉

ストレスが転職活動に与える影響には、具体的なポイントとして下記のようなものが挙げられます。

  1. 精神的な不安と自信喪失
    • 転職活動は未知の領域であり、それに伴う不確実性が精神的な不安を引き起こす可能性があります。
    • 失業期間が長引くと、自己評価が低下し、自信を喪失することがあります。
  2. 体力的な疲労と健康リスク
    • ストレスは体にも影響を与え、疲労感や不眠症などの健康問題を引き起こすことがあります。
    • 長期間にわたるストレスは免疫機能を低下させ、慢性的な健康リスクを引き起こす可能性があります。
  3. コミュニケーションの困難
    • ストレスが高まると、人間関係においてコミュニケーションが難しくなることがあります。
    • 面接やネットワーキングイベントでのコミュニケーションがストレスの影響を受けやすくなります。
  4. 決定力の低下と焦り
    • ストレスは意思決定力を低下させ、焦りや急いで選択する傾向が生まれます。
    • 転職においては、慎重で計画的な意思決定が成功への鍵となるため、これがリスクとなります。
  5. 仕事への集中力低下
    • ストレスが増すと、仕事においての集中力や生産性が低下することがあります。
    • 転職活動中に現職での業務に支障をきたす可能性があり、これが転職成功の障害になります。

これらの影響を最小限に抑えるためには、ストレス管理のテクニックやリラックス術を積極的に取り入れ、健康な状態を維持することが重要です。

職場の人間関係でお悩みの方は、下記の記事に詳しくまとめています。

》【転職のススメ】職場のつらい人間関係からのストレス脱出術とは?

転職ストレスの主な要因について知る

転職活動中には、さまざまな要因でストレスを引き起こす可能性があります。

以下に、主な要因についてまとめてみました。

①経済的不安と生計の心配

転職中は収入源が不確かであるため、経済的な不安や生計の心配がストレスの要因となります。

新しい仕事が見つかるまでの間、生活費や支出の管理が課題となります。

②未知の状況への不安

新しい職場や業界に転職する際、未知の状況に対する不安がストレスを引き起こします。

企業文化や仕事のスタイルが異なる場合、適応するまでの過程がストレスフルとなります。

③求職プロセスの複雑性

求人検索、履歴書の作成、面接対策など、転職プロセスは複雑で時間を要するものです。

これらのステップをこなす際に、適切なアプローチを見つけることがストレスの要因となります。

④競争と不確実性

転職市場は競争が激しく、求人に応募するだけでなく他の候補者との競り合いもあるため、不確実性が生まれます

内定を得るまでの期間が長引くと、不安感やプレッシャーが増幅されます。

⑤仕事とプライベートのバランスの難しさ

転職活動は時間とエネルギーを多く必要としますが、現職の業務や家庭との両立が難しい場合があります。

これがバランスの崩れを引き起こし、ストレスを増大させます。

これらの要因に対処するためには、計画的なアプローチやサポートシステムの活用、ストレス管理のテクニックを取り入れ、積極的に自分をサポートすることが重要です。

上司が原因で会社を辞めたい時の対処法については、下記の記事でも詳しく紹介しています。

【もう疲れた】上司がイヤで会社を辞めたい時の前向きな対処法とは?

リラックス術1 – 「マインドフルネス」の実践してみる

マインドフルネスは、仏教の瞑想技法から発展した心の健康法です。現在ではストレス軽減やメンタルヘルスの向上に効果があるとされています。

マインドフルネスの基本とは?

マインドフルネスの基本的な考え方を、以下にまとめてみました。

  1. 現在にフォーカスする
    • マインドフルネスは「今この瞬間」に意識を集中させることです。過去や未来の心配から離れ、現在の状況に注意を向けます。
  2. 対象に対して非評価的な態度
    • マインドフルネスでは、物事や感情に対して非評価的な態度を持ちます。物事が「良い」や「悪い」でなく、単に存在していると受け入れます。
  3. 呼吸に注視する
    • 呼吸はマインドフルネスの基本的な対象です。ゆっくりと深呼吸をし、吸う・吐くに注意を向けることで心が落ち着きます。
  4. 感情や思考を観察する
    • マインドフルネスでは感情や思考が湧き上がってきても、それを客観的に観察します。感情に巻き込まれず、冷静に見つめることが重要です。
  5. 日常生活に取り入れる
    • マインドフルネスは日常生活に取り入れやすいものです。歩く、食事をする、仕事をするなど、日々の活動においてもマインドフルネスを実践できます。
  6. 継続的な実践
    • マインドフルネスは継続的な実践が重要です。毎日少しずつ行うことで、ストレスの軽減や心の平穏を感じることができます。

マインドフルネスの基本はシンプルですが、その実践は日常生活において深い影響を与え、ストレスを軽減する力になります。

転職中のストレス解消に効果的な「マインドフルネス」のテクニック

転職中のストレスを軽減するために、マインドフルネスを効果的に取り入れるためのテクニックがあります。

具体的なマインドフルネスのテクニックは下記となります。

  1. 呼吸法の実践
    • 静かな場所で座り、ゆっくりと深呼吸をすることで、気持ちを落ち着かせます。
    • 吸うときに「吸っている」と、吐くときに「吐いている」と意識的に呼吸にフォーカスします。
  2. 歩くマインドフルネス
    • 散歩中や通勤中、意識的に足の動きや周囲の景色に注意を向けます。
    • 歩くことを通して、心身の緊張を緩和し、新しい視点を得ることができます。
  3. ストレスフルな瞬間の「一呼吸」
    • ストレスを感じた瞬間に、一呼吸深呼吸をすることで、感情に巻き込まれずに冷静な状態を保ちます。
    • この簡単なテクニックで焦りや不安を取り除くことができます。
  4. 感謝の瞬間を意識する
    • 毎日、感謝の気持ちを持つことで、ポジティブなエネルギーを生み出します。
    • 転職活動の中で小さな成功や支えに感謝することで、ストレスを軽減できます。
  5. マインドフルネスアプリの活用
    • 専用のマインドフルネスアプリを利用して、誘導された瞑想やリラックスプログラムを試してみます。
    • アプリを通して、自分に合ったマインドフルネスの実践方法を見つけることができます。
  6. 自己観察と気づきの日記
    • 日々の感情や気づきを書き留めることで、自己観察ができます。
    • これにより、ストレスの原因や対処法に気づき、効果的なリラックス術を見つける手助けになります。

これらのマインドフルネスのテクニックを日常に取り入れることで、転職中のストレスを軽減し、冷静な心を保ちながら活動することができます。

リラックス術2 – フィジカルエクササイズの効果

運動は身体的な健康だけでなく、ストレス軽減にも大きな効果があります。

運動がストレス軽減に与えるポジティブな影響とは⁉

以下は、運動がストレス軽減に与えるポジティブな影響についての詳細をまとめてみました。

①エンドルフィンの放出

運動により脳内でエンドルフィンと呼ばれる「幸福ホルモン」が放出されます。

これにより、心の状態が安定し、ポジティブな気分が生まれます。

②ストレスホルモンの低減

運動はコルチゾールやアドレナリンなどのストレスホルモンを低減させる効果があります。

これにより、ストレスへの身体的な反応が緩和されます。

③リラックス効果と睡眠の質向上

運動は神経系をリラックスさせ、良質な睡眠を促進します。

充分な休息をとることで、ストレスへの感受性が低下し、精神的な安定が得られます。

④気晴らしと達成感

運動は日常生活からの気晴らしになります。外に出て自然を感じることで気分がリフレッシュします。

運動によって達成感を得ることで、転職ストレスに対するポジティブな気持ちが生まれます。

⑤集中力と認知機能の向上

運動は脳の血流を増加させ、集中力や認知機能を向上させる効果があります。

転職活動においても的確な判断や情報処理が求められるため、運動による脳の活性化が有益です。

⑥社交性の向上

グループでの運動やスポーツは、社交性を高めてくれます。

人との交流やチーム活動を通じて、孤独感を軽減し、心の支えを得ることができます。

これらのポジティブな影響から、運動は転職中のストレス軽減に非常に効果的。

日常的な運動習慣を築くことで、身体と心の健康を促進し、転職活動においてもポジティブなエネルギーを維持できます。

転職者向けの効果的な「フィジカルエクササイズ」の実践例

転職者にとって、仕事探しや面接準備でのストレス解消に適した「フィジカルエクササイズ」があります。

以下に転職者向けに効果的な、フィジカルエクササイズの実践例をいくつかご紹介します。

①ウォーキング

実践例1: 朝や昼休みに近くの公園を散歩することで、新鮮な空気を吸いながらリラックスできます。

実践例2: 面接前に軽いウォーキングで緊張をほぐし、頭をリフレッシュさせましょう。

②ヨガ

実践例1: ヨガはストレッチングと呼吸法を組み合わせたエクササイズで、リラックス効果があります。

実践例2: 面接前や大事なプレゼンテーションの前にヨガのポーズを取り入れ、緊張をほぐします。

③サイクリング

実践例1: 自転車に乗ることで、風を感じながら心地よい運動を楽しむことができます。

実践例2: 面接の前日にサイクリングでストレス発散し、リフレッシュして自信をつけましょう。

④ランニング

実践例1: 朝のランニングで新しいエネルギーを取り入れ、一日を元気にスタートさせます。

実践例2: 面接前に軽いジョギングで緊張をほぐし、自分を落ち着かせましょう。

⑤筋力トレーニング

実践例1: ホームジムでの筋力トレーニングは、仕事に対する集中力を高め、ストレスを軽減します。

実践例2: 面接前に軽い筋力トレーニングで緊張を解消し、自信を持って臨みましょう。

これらのフィジカルエクササイズは、転職者がストレスを軽減し、体力とメンタルヘルスをサポートするのに役立ちます。

選択したエクササイズを日常に取り入れ、健康的な状態で転職活動に臨みましょう。

リラックス術3 – ワークライフバランスの確立

転職をリラックスして成功させるためには、ワークライフバランスの確立が不可欠です。

ワークライフバランスの大切さ

以下に、ワークライフバランスの重要性をまとめています。

  1. 健康維持とストレス軽減
    • ワークライフバランスを保つことは、心身の健康を維持し、ストレスを軽減する重要な要素です。
    • 長時間働きすぎや過度な仕事への取り組みは、身体的・精神的な健康に悪影響を与える可能性があります。
  2. 効率と生産性の向上
    • 適切なワークライフバランスを保つことで、効率的に働くことができます。
    • 休息やリフレッシュの時間を設けることで、仕事に対する集中力や創造性が向上し、生産性が向上します。
  3. リフレッシュと創造性の促進
    • 仕事に没頭しすぎず、定期的な休息や趣味、家族との時間などを持つことで、心がリフレッシュされます。
    • リフレッシュされた状態から生まれるアイディアや創造性が、仕事に新しい視点をもたらします。
  4. 家族や人間関係の充実
    • ワークライフバランスを取ることで、家族や友人との時間を充実させることができます。
    • 人間関係の深化は、精神的な満足感や幸福感につながります。
  5. キャリアの長期的な継続
    • 長期的な視点で見ると、ワークライフバランスはキャリアの継続にも寄与します。
    • 過労やストレスが原因での健康悪化や仕事へのモチベーション低下を防ぎ、持続可能なキャリアを築くために必要です。
  6. 自己成長と充実感
    • 仕事以外の活動や趣味、学びの時間を確保することで、自己成長や充実感を得ることができます。
    • 多様な経験や学びは、個人としての豊かな人間性を形成します。

ワークライフバランスは、仕事と生活の調和を取るだけでなく、個人の健康や幸福感、キャリアの長期的な発展にも深く関わる重要な要素です。

バランスを保つことで、仕事と生活の両方で良い結果を生み出すことが可能です。

転職活動中でも実践可能な、ワークライフバランスの構築方法

転職活動中でも実践可能な、ワークライフバランスを保つ方法について以下にまとめてみました。

①時間管理と優先順位の設定

実践1: スケジュールを立て、転職活動、休息、趣味、家族との時間などを適切に配分します。

実践2: 仕事関連の作業や調査に限られた時間を設け、その時間外はリラックスや趣味に充てます。

②リモートワークの有効活用

実践1: リモートワークの場合、通勤時間を有効に使えます。朝や夕方に自分の時間を確保しましょう。

実践2: 定期的にカフェや図書館で作業することで、新しい環境でリフレッシュできます。

③仕事以外の活動の導入

実践1: 転職活動の合間に、趣味や運動、読書など、気分転換になる活動を積極的に取り入れます。

実践2: 週に1回、友人や家族とのランチやディナーを設け、社会的なつながりを保ちます。

④効果的なストレス管理

実践1: ストレスフルな状況では深呼吸や瞑想などのリラックステクニックを短時間で実践します。

実践2: 仕事のプレッシャーや不安を感じたら、すぐに一時中断し、深呼吸をしてリセットします。

⑤週次の目標と進捗の確認

実践1: 週初めに週次の目標を設定し、週末に振り返りと次週の計画を立てます。

実践2: 目標達成感や進捗確認が、モチベーションを維持する一因となります。

⑥効果的なコミュニケーション

実践1: 転職活動においても、効果的なコミュニケーションが大切です。適切なタイミングでメールや電話のアウトプットを行ってみましょう。

実践2: コミュニケーションの質を向上させるために、専念して取り組む時間とオフの時間を区別します。

これらのアイディアを組み合わせて、転職活動とプライベートの両方で充実感と効率を得ることができます。

ワークライフバランスを重視することで、健康で持続可能な転職活動を進めましょう。

リラックス術4 – セルフケアの重要性について

「セルフケア」は、個人が自分自身の健康や幸福を維持・向上させるために主体的に行うケアや活動のことを指します。

この概念は、身体的、精神的、社会的な側面にわたり、自分の健康に対して重要視されています。

セルフケアの概念とは?

以下に、セルフケアの概念に関する主な要点をまとめてみました。

①身体的側面

適切な栄養を摂取することや、定期的な運動を行うことが含まれます。

睡眠の質や量を管理し、身体のリラックスや回復を促進します。

病気予防のために予防接種や健康検診を受けることもセルフケアの一環となります。

②精神的側面

ストレス管理やリラックステクニックの実践が含まれます。

メンタルヘルスのケアや感情の調整が重要。

興味を持つ趣味や活動を通じて、精神的な充実感を得ることもセルフケアの一部となります。

③社会的側面

積極的な社会参加や人間関係の構築がセルフケアに含まれます。

コミュニケーションのスキル向上や社会的サポートの活用がセルフケアの一環となります。

④教育と自己啓発

新しいスキルや知識を獲得するための学習や自己啓発がセルフケアの要素です。

個人の成長やキャリアの向上に焦点を当てることもセルフケアに含まれます。

感謝とポジティブな思考

日常の中で感謝の気持ちを育むことや、ポジティブな思考を促進することがセルフケアにつながります。

自分自身への自己肯定感を高めることも重要です。

セルフケアは一般的に、予防的なアプローチを取り、健康を維持するだけでなく、生活の質を向上させることを目指します。

個人が自分の健康や幸福に積極的に貢献することで、全体的な生活の充実度が向上するとされています。

転職活動中に日常に取り入れられる「セルフケア」の実践例

①朝のルーティンを大切にする

実践例1: 早起きして朝の静かな時間を活かし、リラックスした朝食やストレッチを取り入れます。

実践例2: 仕事前に自分のペースで準備することで、一日をスムーズに始められます。

②定期的な休憩を設ける

実践例1: 仕事の合間に短い休憩を挟み、深呼吸やストレッチを行います。

実践例2: デスクワークの場合、目を休めるために10分ごとに視線を遠くに移す「20-20-20ルール」を実践します。

③ストレス解消のための趣味を持つ

実践例1: 趣味や興味を追求し、転職活動以外の楽しみを持つことで気分転換ができます。

実践例2: 週に1回、好きなアクティビティに時間を割くことで、ストレスを解消します。

④効果的な時間管理を行う

実践例1: 仕事や転職活動においてタスクを優先順位に従って整理し、無理なく進捗させることが大切です。

実践例2: 一日の終わりに次の日の計画をたて、次の日の始まりをスムーズにします。

⑤運動やストレッチを習慣化する

実践例1: 週に数回、軽い運動やストレッチを組み込むことで、身体の疲れを軽減します。

実践例2: 仕事の合間や昼休みに短時間のエクササイズを取り入れ、リフレッシュします。

⑥良質な睡眠を確保する

実践例1: 睡眠の質を向上させるために、就寝前にリラックスする習慣を作ります。

実践例2: 寝る前のスクリーン使用を控え、静かで快適な寝室環境を整えます。

⑦自分へのご褒美を設定する

実践例1: 小さな目標を達成した際には、自分にご褒美を用意することでモチベーションを維持します。

実践例2: 週末や仕事の終わりに自分への特別なご褒美を楽しむ時間を作ります。

これらのセルフケアのアイディアを日常に取り入れることで、転職者はストレスを軽減し、心身の健康を維持しながら、より充実した転職活動を進めることができます。

リラックス術5 – サポートシステムの構築

転職時の心強いサポートシステムの作り方

①信頼できる友人や家族に相談する

アイディア1: 転職の決断や悩みを共有できる信頼できる友人や家族を見つけましょう。

アイディア2: 応援してくれる人々に感謝の気持ちを伝え、助言やアドバイスを受け入れます。

②専門家やキャリアアドバイザーを味方につける

実践1: キャリアアドバイザーや専門家に相談し、適切なキャリアプランや求人検索のサポートを受けます。

実践2: 職務経歴書や面接の向上に向けて、専門的なアドバイスを取り入れます。

実践3:転職エージェントに登録しておきます。

登録 → エージェントと面談という流れで、様々なサポートを受けることができます。(全て無料)

特に知名度・認知度・人気の高い、おすすめ転職エージェントを以下にまとめています。

1.リクルートエージェント

✓リクルートエージェントの特徴
・大手企業で転職ノウハウも充実
・非公開求人も20万件以上と非常に多い
・転職活動の際、はじめて登録するという方には使いやすい

非公開求人が業界最大級の約80%占め、転職成功実績No.1を誇る「リクルートエージェント」 。

転職エージェントをはじめて利用する場合には、最も安心感のある存在となってくれるはずです。

転職サイトの「リクナビNEXT 」と併用すれば大変多くの企業の求人と出会える存在となります。

また、企業やエージェントから直接スカウトが届く「リクルートダイレクトスカウト」への登録行えば、効率的な転職活動につながります。

公式サイトはこちらから

2.dodaエージェントサービス

✓dodaエージェントサービスの特徴
・年間18,000人以上の転職サポート実績を誇る
・「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」「転職活動のノウハウが聞ける」「紹介される求人数」「経験を活かせる求人数」「求人紹介の頻度」の5つの部門で満足度No.1を獲得

年間18,000人以上の転職サポート実績を誇る「dodaエージェントサービス」。

「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」「転職活動のノウハウが聞ける」「紹介される求人数」「経験を活かせる求人数」「求人紹介の頻度」の5つの部門で満足度No.1を獲得しています。

「転職人気企業ランキング」や「転職市場予測」などの転職サイト内のコンテンツも充実しているため、大変重宝します。

さらに、企業からスカウトが届く転職アプリ「ミイダス」との併用がおすすめ。

自分の市場価値の分析や希望にマッチした企業からのスカウトを受け取ることができ、企業選びの幅が広がります。

公式サイトはこちらから

3.パソナキャリア

✓パソナキャリアの特徴
・大手、優良企業求人数が約92%
・累計転職支援実績が約54万人
・コンサルタント人数が約500名ほど

求人件数25,000件、取引実績企業16,000社以上の実績を誇る「パソナキャリア」。

これまで総合人材サービスを牽引してきただけあり、約54万人の転職を支援。

GREMA-LIFEでも利用したことのある転職エージェントで、対応してくれた担当エージェントの方も大変熱心に求人を紹介してくれました。

年収UP率は67.1%と非常に高いため、収入面でのUPを望む場合は利用してみるといいかもしれません。

公式サイトはこちらから

4.レバテックキャリア

✓レバテックキャリアの特徴
・ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
・エンジニア職を理解しているキャリアアドバイザーが多数
・テクニカル専門の相談が可能

IT/WEB業界のエンジニア・クリエーターに特化した「レバテックキャリア」。

エンジニア専門での転職を希望という場合は、企業別対策や技術系の専門用語が通じるキャリアアドバイザーの存在が非常に大きいため、登録の幅を広げてみてもいいのではないでしょうか。

年収UPの相談にも問題なく応じてくれるため、同業界での転職であれば有利になる可能性も。

非公開求人も扱っているため、ITやクリエイティブ業界の方であれば利用する価値は高いと思います。

公式サイトはこちらから

5.type転職エージェント ハイクラス

✓type転職エージェント ハイクラスの特徴
・求人数10,000件以上保有
・首都圏のハイクラス・エグゼクティブに特化
・質の高い情報提供が可

首都圏のハイクラス・エグゼクティブ求人で10,000件以上保有している「type転職エージェントハイクラス」。

20年以上にわたり蓄積した幅広い企業情報を基に、高品質な情報提供が内定獲得に寄与します。

ハイクラス・エグゼクティブ向けのアカウントスペシャリストが、企業と転職者の双方を担当し、高い品質と速さを確保します。

公式サイトはこちらから

③同業者や同僚のネットワークを築く

実践1: 同じ業界や職種で経験豊富な人々と交流し、新たなキャリアの可能性を広げます。

実践2: wantedlyなどのプロフェッショナルネットワークを活用し、新しいつながりを築きます。

④オンラインの転職コミュニティに参加してみる

実践1: オンラインの転職コミュニティやフォーラムに参加し、他の転職者と情報や経験を共有します。

実践2: 経験豊富なメンターを見つけて、彼らから学びながら進むことができます。

⑤カウンセリングやメンタルヘルスサポートを受ける

実践1: 転職ストレスや不安に対処するために、心理カウンセリングやメンタルヘルスサポートを受けることが重要です。

実践2: 心の健康をサポートする団体やオンラインリソースを活用し、ストレスの軽減に努めます。

⑥自己学習と情報収集に注力する

実践1: 転職市場やトレンドに関する最新の情報を入手するために、自己学習や専門書籍を活用します。転職に役立つ書籍などについては、下記にまとめています。

転職活動や面接対策の勉強に活用したいおすすめの本

実践2: ウェビナーやセミナーに参加して、業界の専門知識を向上させます。

実践3:転職サイトなどでスカウトメールの受信や求人情報の収集を行う

特に求人数の多い、人気の転職サイトなどを下記にまとめています。

こちらも経歴を登録しておくことで、企業からのスカウトメールを受信することができます。

1.リクナビNEXT

おすすめランク:★★★★★

✓リクナビNEXTの特徴
・大手~中小まで多くの企業の求人を全国エリアから検索することができる
・知名度も高い人気求人サイトであるため企業の掲載利用も多い

リクルートが運営する転職サイトで有名な「リクナビNEXT 」。

大手~中小まで多くの企業の求人を全国エリアから検索することができます。

ただし、知名度も高い求人サイトであるため応募数も当然多くなりがちです。

書類選考を通過するためにも、サイト登録の際はWeb履歴書をしっかりと作りましょう。

また、サイト上で気になる企業の求人があれば、「リクルートエージェント 」と合わせて利用し、担当のエージェントに事前に相談してみると、意外な企業情報を入手できる場合もあるのでおすすめです。

公式サイトはこちらから

2.リクルートダイレクトスカウト

おすすめランク:★★★★★

✓リクルートダイレクトスカウトの特徴
・登録すれば、ヘッドハンターや企業からのスカウトが届くサービス
・じっくりと転職先の企業を選びたい場合などには最適

リクルートダイレクトスカウト」は、企業やヘッドハンター、転職エージェントから直接スカウトを受け取ることができます。

公開求人を希望条件で絞り込んで見つけることもできるので、スカウトと並行して企業選びもできるのもポイント。

登録したレジュメをもとに、ヘッドハンターからも面談の連絡などが届くため、なかなか出会えない貴重な求人情報との接点を作ることができます。

経験のある方向けの求人は多いため、これまでのキャリアを活かし年収UPを目指すことも十分可能。

経験が浅めの方は転職サイトの「リクナビNEXT 」と併用しながら、スカウトが届くのを待つのが良いと思います。

公式サイトはこちらから

3.doda

おすすめランク:★★★★★

✓dodaの特徴
・掲載社数も20万件を超え、多くの求人が見れる
・レジュメ項目が多く採用担当者から読みやすいレジュメに映る可能性が高い

「転職人気企業ランキング」や「転職市場予測」などの転職サイト内のコンテンツも充実していて、転職活動時に役立つ情報が掲載されています。

dodaエージェントサービス」との併用での活用で、さらに求人数の幅も広がります。

登録の際に細かにレジュメ記入を要求されますが、採用担当者からは逆に読みやすいレジュメに映る可能性が高いと思います。

多数の企業が掲載されているので、こちらも転職活動の際に登録しておいて損はない転職サイトかと思います

公式サイトはこちらから

4.マイナビ転職

おすすめランク:★★★★

✓マイナビ転職の特徴
・大手から中小まで掲載企業は幅広い
・求人数も比較的多め

常時約8,000件以上の転職・求人情報を掲載する日本最大級の転職サイト「マイナビ転職」。

都心部以外の求人も比較的掲載されていることも多く、エリア検索機能を使うことで簡単に絞り込めます。

リクナビNEXT 」などには掲載されていない地元求人も掲載されていることもあり、企業からのスカウトも受け取ることも可能です。

公式サイトはこちらから

5.転職会議

おすすめランク:★★★★

✓転職会議の特徴
・企業の口コミが100万件以上掲載されている「転職会議」
・会員登録後48時間は転職会議内の企業の口コミが見放題
・大手転職サイトとも提携しているので求人の検索なども可能

株式会社リブセンスが運営する転職クチコミサイト「転職会議」。

その名のとおり従業員のクチコミ・評価点数などの口コミをもとに企業の求人が検索できるのが嬉しいサービスです。

専門コンサルタントによるマンツーマンの転職サポートもあるため、企業の口コミ情報を確認したい方にはおすすめです。

公式サイトはこちらから

6.OpenWork

おすすめランク:★★★★

✓OpenWorkの特徴
・登録ユーザー数600万人以上
・社員の評価スコアや社員口コミも閲覧可能

OpenWorkはまだ聞いたことがないという方も多いと思いますが、社員の口コミサイトのVorkersという名前なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

イマイチ志望順位の低い会社でも志望順位の高い会社よりも口コミが良い場合もありますので、チェックしてみてください。

公式サイトはこちらから

7.ミイダス

おすすめランク:★★★★

✓ミイダスの特徴
・自分の市場価値(年収)を調べれる
・企業からのスカウトを受け取れる
・アプリが操作しやすい

これまでのキャリアやスキルを入力することで市場価値を知ることができる「ミイダス」。

7万人以上の転職者データを駆使し、入力したデータに基づいたマッチングシステムが強みです。

アプリもダウンロードして登録しておくだけで企業からの直接面接確約オファーを受けることができるので、大変利便性の高いといえるでしょう。

公式サイトはこちらから

⑦ポジティブなサポートグループ

実践1: 同じく転職を目指す仲間たちと共に、ポジティブなエネルギーを共有するサポートグループを作ります。

実践2: 失敗や挫折に対して励まし合い、共通の目標に向かって努力します。

これらのサポートシステムを組み合わせて、転職時には心強いバックアップを築くことができます。

柔軟かつ多様なサポートを受け入れながら、自分の目標に向かって着実に進んでいきましょう。

面接やってはいけないNG行動については、下記の記事に詳しくまとめています。

》面接でやってはいけないNG行動20選|知っておきたい転職成功への対策

友人、家族、専門家とのコミュニケーションの重要性について

友人、家族、専門家とのコミュニケーションを取ることで、様々なメリットがあります。

孤独な転職活動にせず、リラックスした転職活動を行うためにも周囲の人たちにも頼ってみることが大切です。

下記に転職活動中に積極的にコミュニケーションを取るメリットをまとめてみました。

  1. 友人とのコミュニケーションを取るメリット
    • 友人との積極的なコミュニケーションは、ストレスの分散や気晴らしになります。
    • 転職活動の進捗や悩みを共有し、友人の視点からアドバイスを得ることができます。
  2. 家族とのコミュニケーションを取るメリット
    • 家族とのコミュニケーションは、サポートの中でも最も強力なものの一つです。
    • 転職の理由や目標を家族と共有し、理解と協力を得ることで、心強い支えになります。
  3. 専門家とのコミュニケーションを取るメリット
    • キャリアアドバイザーや専門家との定期的なコミュニケーションは、キャリアプランを的確に進める上で不可欠です。
    • 職務経歴書の添削や面接の練習を通じて、専門家のアドバイスを受けることで自己アピール力が向上します。
  4. 感情の整理ができる
    • コミュニケーションを通じて感情を表現し、複雑な感情を整理することができます。
    • ストレスや不安を友人や家族に打ち明けることで、心の負担を軽減することができます。
  5. 新しいアイデアや視点を発見できる
    • 異なるバックグラウンドや経験を持つ友人や家族とのコミュニケーションは、新しいアイデアや視点が発見できます。
    • 専門家との対話を通じて、業界や市場の最新情報を取り入れ、戦略の見直しや新しい選択肢を検討できます。
  6. 励ましとモチベーションの源になる
    • 友人や家族からの励ましやポジティブな言葉は、モチベーションの維持に大きく寄与します。
    • 専門家からの的確なアドバイスや成功事例を聞くことで、自信を持って進む力になります。

これらのコミュニケーションは、転職活動中において不可欠な要素であり、心強いサポートとなるので積極的に活用することが重要です。

友人、家族、専門家との連携を強化し、共に目標に向かって進んでいきましょう。

面接対策などについては、下記の記事にもまとめています。

》面接でいざ聞かれると困っちゃう!転職や退職の理由はどう答えるべき?

まとめ|ストレス軽減で、転職活動をより効果的かつ楽しいものに

マインドフルネス、フィジカルエクササイズ、ワークライフバランスの確立、セルフケア、サポートシステムの構築が成功へのカギです。

今回は転職活動中のストレス解消に、様々なアプローチをご紹介しました。

これらの方法を組み合わせ、自分に合ったリラックス術を見つけましょう。

ストレスを軽減することで、転職活動がより効果的かつ楽しいものになるように。

↑画像をクリックするとサイトにジャンプします。

ケマハマジでは「カッコイイ×面白い」をテーマに、レビュー記事などを中心に紹介しています!

✓ケマハマジの人気記事はこちら
》ロジクール K295 サイレント ワイヤレスキーボードが静かでコスパも最高!

》ロジクール ERGO M575が快適すぎてトラックボールから抜け出せない

》新商品のSALONIAスクエアイオンブラシの威力が凄かった!

》買ってよかった!使いまくりの暖色系LEDランタン

✓YouTubeチャンネルはこちら
》ケマハマジのチャンネル

この記事を書いた人
GREMA-LIFE

おもしろい・知りたいが見つかる生活応援WEBマガジン。趣味や仕事などの生活に役立つ情報をご紹介します。

follow
仕事
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
follow
スポンサーリンク
GREMA-LIFE(グレマライフ)

コメント

転職エージェントランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
・大手企業で転職ノウハウも充実
・非公開求人も20万件以上と非常に多い
・転職活動の際、はじめて登録するという方には使いやすい

dodaエージェントサービス
転職サイトはdoda

dodaエージェントサービスの特徴
・年間18,000人以上の転職サポート実績を誇る
・「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」「転職活動のノウハウが聞ける」「紹介される求人数」
「経験を活かせる求人数」「求人紹介の頻度」の5つの部門で満足度No.1を獲得

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
・大手、優良企業求人数が約92%
・累計転職支援実績が約54万人
・コンサルタント人数が約500名ほど

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
・ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
・エンジニア職を理解しているキャリアアドバイザーが多数
・テクニカル専門の相談が可能

type転職エージェント ハイクラス
type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラスの特徴
・求人数10,000件以上保有
・首都圏のハイクラス・エグゼクティブに特化
・質の高い情報提供が可