転職や退職の理由はどう答えるべき?

面接時の退職理由や転職の動機をどう答える?

面接の質問の回答に迷う応募者
転職活動をはじめて、やっとたどり着いた面接。

面接の前日は特に「明日は面接・・緊張するな~」と全く落ち着かないですよね?

面接前に色々とシミュレーションを行っていても、想定外の質問がきたらどうしようと頭の中でグルグルと考えてしまいすよね?

今回のGREMA-LIFEのテーマは「転職や退職の理由はどう答えるべき?」というテーマでお送りします。

会社を辞めた理由や転職の動機などを面接の際に聞かれた場合、どう答えるのがベストなのでしょうか?

確かに会社を辞める理由は人それぞれですが、必ずしも正直に答えたからといって実際には面接官の好印象を得れるワケではないようです。

 

GREMA-LIFEとは?
おもしろい・知りたいが見つかる生活応援WEBマガジン。 趣味や子育て、話題のトピックスや生活に役立つ情報をご紹介します。

 

転職の動機や退職理由は正直に話しても印象が悪くなる

質問をする面接官イメージ

面接時にほぼ聞かれる質問項目として挙げられるのが下記の質問項目です。

 

○○株式会社をご退職なされた理由を教えて下さい。

どうして弊社に転職されようと思ったのですか?

これらの質問は面接担当者の常套句ともいえる質問項目なので、さらりと答えれるようにしておきたいものですがその回答の仕方では、面接官の感じるあなたの印象が大きくダウンしてしまいます。

 

例えば正直に答えない方がいい退職理由に関しては、

 

・職場の人間関係が上手くいかなかった

・会社の給与や待遇が悪かった

・仕事が原因で精神的な病(うつ病)になってしまった

 

これらの理由が退職や転職の動機だとしても正直に答えない方がいいというのがほとんど。

ではなぜ答えない方がいいのでしょうか?

 

 

面接担当はネガティブな退職理由に敏感

面接担当者イメージ
ケース1:職場の人間関係が上手くいかなかった

<面接官のホンネ>
・この理由の場合だと、前職での人間関係が上手くいかなかったのはこの方が原因ではなかったとしても、面接の短い時間しかない為、ひょっとしたら人間関係が上手く築けない方なのかなと思ってしまう。

・もし入社してもまた人間関係での理由で離職をしてしまう方かもしれないし、職場の人間関係を悪くしてしまう人物ではないかと不安に感じてしまう。

 

ケース2:会社の給与や待遇が悪かった

<面接官のホンネ>
・会社の給与や待遇に不満を感じて辞める方は、入社しても給与や待遇面が原因でまた辞めてしまうのではないか。

・能力的に評価ができない人物であったのではないだろうか。

・入社しても、しばらくすると正当評価だとしても給与や待遇の問題を取り立てて会社の不平・不満を口にするのではないだろうか。

 

ケース3:仕事が原因で過去に精神的な病(うつ病)になってしまった

<面接官のホンネ>
・精神的な問題を過去に抱えていた人を入社させて果たして本当に大丈夫なのだろうか。

・入社して病気が再発したらどうしよう。

・会社の責任問題になりそうで不安。

・病歴を伝えた時点で上司(社長・役員)の採用決済が下りない。

 

正直に退職理由を面接官に伝えても、同情してもらえるどころか逆にマイナスイメージが先行してしまいそこから先の印象を好印象に逆転いくのは至難の業となってしまいそうです。

面接官に好印象を与え、有利に面接を進めていくためにもここはプロのアドバイスを転職の際には積極的に活用していきましょう。

 

 

退職理由や転職動機などはプロのアドバイスをもらおう

優秀なキャリアアドバイザーたちのイメージ

一人ではなかなか難しい転職活動でも、転職活動をサポートしてくれるプロのアドバイスをもらえれば面接の際に役立つ情報を得ることができます。

例えば、面接時の質問の回答の仕方や伏せておいた方が退職理由などプロのキャリアアドバイザーが客観的にあなたの分析してくれてアドバイスをくれます。

驚くことにそのサポートのほとんどが無料で受けることができます。ここでは、面接が不安だという方にピッタリな転職サポートサービスをいくつかご紹介していきます。

 

人材紹介会社のキャリアアドバイザーに相談する

 

STEP1
人材紹介会社のサイトに登録をして、人材紹介会社に面談予約を取ります。

STEP2
ご自身の希望職種や希望条件をエージェントと呼ばれる担当者が丁寧にヒアリングしてくれます。

履歴書や職務経歴書をキャリアシートとして作成し、希望に合う色んな企業にあなたの代わりにアプローチをしてくれます。

STEP3
エージェントに紹介された企業への応募の有無を決めて応募します。

書類選考後、合格した企業へ面接に向かうという流れになります。企業との連絡はエージェントを通じて行うので本音で話しやすい。

 

<人材紹介会社を使う魅力>
条件に左右されるので必ずしも多くの企業の面接のご紹介をもらえるわけではありませんが、仕事をしている間にも、エージェントが他の企業にアプローチをかけてくれるので在職しながら転職活動ができるのでとてもお勧めです。

転職の悩みや相談にもしっかりと答えてくれるので色んな不安も解消することができるのも魅力です。

 

<転職活動に活用したい人材紹介会社>

 

【リクルートエージェント】

リクルートの人材紹介部門。多くの登録者と企業数を持ち業界でも名実ともにトップクラス。転職活動時にはまず登録しておくといいでしょう。

 

マイナビエージェント

こちらも業界大手「マイナビ」の運営する人材紹介部門。営業職~クリエイターに至るまで幅広い職種に対応してくれるのも嬉しいポイントの1つです。

 

転職エージェント・ワークポート

IT・クリエイター・エンジニアに強い特徴を持つ人材紹介会社。転職相談数25万人の実績は安心できる。イラストを使ったHPの印象も登録しやすい雰囲気です。

 

typeの人材紹介

エンジニアに特化したサービスが魅力の人材紹介会社。ハード・ソフト問わずエンジニア志望の方は登録しておくべき紹介会社でしょう。

 

転職サイトのサポートを活用する

 

STEP1
転職サイトに登録をする。登録すると求人企業に応募やスカウトメール(企業からのオファーメール)が届くようになる。

STEP2
転職サイトから応募した企業から書類選考の採否・面接日程などの連絡が届く。

STEP3
あくまでも個人での応募になるので企業とのやり取りは本人と企業の人事担当間でやり取りを行う。

<転職サイトを使う魅力>
転職サイトは面接時の回答例やサポート情報も満載。応募したい企業へどんどん自分のペースで応募していけるのが魅力的。

スマートフォンからも応募ができる為、通勤時間や休憩時間にも応募は可能。また企業から届くスカウトメールもあえて好条件に設定しておき、条件に合う企業からのオファーメールを待つスタイルにもできる。

企業の掲載の入れ替わりが多いので気になる企業には応募しておくのがおすすめ。

 

<転職活動に活用したい転職サイト>

リクナビNEXT

CMでもお馴染みのリクルートが運営する転職サイト。掲載社数も多く、スカウトメールの届く数も多いのでまず登録しておいて間違いない転職サイトといえます。

 

マイナビ転職

リクルートに次ぐ掲載数を持つ転職サイト。企業の求人内容も見やすく編集部から第三者目線の客観的視点で求人企業を紹介してくれる記事があるのも嬉しいポイント。

 

 

いかがでしたでしょうか?

面接官といっても相手は同じ人間です。良い人材を確保したいという気持ちはどこの会社の人事担当も同じ。

それであれば、一人でも多くのプロのアドバイスを自分の中に取り入れ、面接官にも魅力的な人材だと感じてもらえるように積極的に動いていきたいものですね。

成功をお祈りします。

こちらも合わせてご覧下さい
画像をクリックするとTOPページに移動します。

おしゃれなインテリア情報GREMAではこんなコンテンツを用意しています。

ソファの色にピッタリなお部屋のコーディネートは?

壁掛けテレビにする方法とお手本インテリアコーディネート

【パソコンルーム30選】趣味に仕事に没頭できそうな、おしゃれなパソコンルームインテリアコーディネート

画像をクリックするとTOPページに移動します。

キッズ向けのインテリア情報GREMA-KIDSではこんなコンテンツを用意しています。

【子供部屋】たまらなく可愛い女の子のおしゃれな子供部屋インテリアコーディネート20選

【子供部屋】たまらなく可愛い男の子の子供部屋インテリアコーディネート20選

【リアル白書】ステイホームで我が家が買ったアイテムたち

画像をクリックするとチャンネルに移動します。

カッコイイ×面白いと感じてもらえるような動画をケマハマジではたくさん紹介しています!

【レビュー】人気のSALONIA ストレートアイロンがめちゃ良かった!

【勢い大事!】アテレコで爆笑狙ってみまSHOW #6

【フォートナイト】イモる!イモれ!イモらナイト!