転職に失敗する人、成功する人の違いとは?

今の会社を辞めて転職することはすごく勇気がいりますよね?

「一生、今の仕事のままでいいのか」という悩みを持つ方は多いと思います。しかしながら毎年多くの方が転職をされているという事実も。

今回のGREMA-LIFEのテーマは「転職に失敗する人、成功する人の違いとは?」というテーマでお送りします。
 

GREMA-LIFEとは?
おもしろい・知りたいが見つかる生活応援WEBマガジン。 趣味や子育て、話題のトピックスや生活に役立つ情報をご紹介します。

転職には今の仕事を辞めないという選択も必要

転職活動は在職中がベスト

転職をしようと思い立ったが吉日。すぐに今の仕事を辞めてから転職活動と絶対に急いではいけません。

一番避けたいのは収入がストップしてしまうということ。そして、新しい会社がなかなか見つからない、決まらないという負のスパイラルに陥ってしまうことは絶対に避けなければいけません。

「早く仕事を見つけなければいけない」という焦りが生じることから企業を選ぶ時も内定承諾をする際にも冷静な判断も低下してしまいます。

現職収入がある在職中に転職活動を行うことをおすすめします。

転職に失敗する人のポイント

現職を辞めてから転職活動を行うため、仕事を早く決めなければという焦りが出てしまう。

転職に成功する人のポイント

在職中に転職活動を行うため、収入面への影響は少なく安心して企業選びができる。

転職にはリスクを考えて企業を選ぶことが必要

企業選びには絶対手を抜かない

収入がストップしてしまうというリスクを避けるためにも、在職中の転職活動を行うということを前提として転職活動を行い新しい会社を選ぶ際にリスクをを考えて企業を選ぶことが必要です。

企業を選ぶ際に重要な項目は必ず転職先の企業にも確認しておきましょう。そうしないと入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうというケースが多々あります。

企業を選ぶ際に重要な項目
・雇用形態
・試用期間
・仕事内容
・給与
・残業代
・平均残業時間
・休日休暇
・有休取得
・福利厚生
・転勤の有無

転職に失敗する人のポイント

すぐに今の会社を辞めたいがために、次の転職先の条件を軽視してしまう

転職に成功する人のポイント

希望条件に合う会社が見つかるまで妥協して転職をしない。

転職には事前の情報取集能力が必要

企業選びには絶対手を抜かない

転職先を探す際にどのような手段で企業を探すかということも非常に重要なポイントです。

たくさんの企業が募集広告を出している中でより多くの情報を収集しその中から条件を絞り応募することがよりよい転職をするためにも必要なことです。

希望条件に近い企業を見つけだすためにも、あらゆる転職経路を利用して企業の情報収集を行いましょう。

「あの企業が募集していたなら応募すればよかった」とならないためにも大切です。

人材紹介会社を利用する

まずは、転職エージェント(人材紹介会社)の利用は必ず行いましょう。

転職エージェントを利用することでアドバイザーのサポートを受けることができ、仕事内容や希望条件などをアドバイザーに話すことで条件にマッチした企業の紹介をしてもらえます。

これらのサービスは無料で受けることができるため、利用価値は高いといえるでしょう。

転職活動で登録しておくべき人材紹介会社

リクルートエージェント

公式HPでの登録はこちらから

dodaエージェントサービス

公式HPでの登録はこちらから

マイナビエージェント

公式HPでの登録はこちらから

転職サイトを利用する

情報収集のために転職サイトへの登録も活用しましょう。

転職サイトに登録しておくことでスカウトメールという企業からのオファーメールを受け取ることが可能です。

在職中で休日しか企業探しができないという場合にも希望条件に合う企業からのスカウトメールは非常に便利。もちろん検索を行い企業に応募することも可能です。

転職活動で登録しておくべき転職サイト

リクナビNEXT

公式HPでの登録はこちらから

doda

公式HPでの登録はこちらから

マイナビ転職

公式HPでの登録はこちらから

転職に失敗する人のポイント

企業情報の収集を狭い範囲でしか行わない

転職に成功する人のポイント

あらゆる手段を駆使し企業情報の収集を行う

転職には基本的なビジネスマナーが必要

礼に始まり礼に終わる

礼儀正しい人と礼儀正しくない人。もしご自身が社長ならばどちらの方を採用しますか?

面接の場合、面接官が入室しても席を立たない人が結構いらっしゃるようです。また面接後もお礼のメールなどを送る人と送らない人もいるようです。

お礼のメールを送って面接に合格するかといえばそうではないと思います。ただ同じ経験・能力の方との2択になっていた場合はどうでしょうか?

「この人はお礼のメールもきちんと送ってきた」というのは最後の押しの一手になり得る可能性は十分あるかもしれません。

最低限行っておきたい面接の際のビジネスマナー

・履歴書の写真が綺麗に切れて貼れているか
・職務経歴書の書き方はきちんと整理されているか
・書類は折れていたり汚れていたりしていないか
・面接官に面接のお礼の言葉やメールは残せているか

転職に失敗する人のポイント

履歴書などが汚れており、写真もガタガタに切られている。面接官が入室しても席を立たないなど。

転職に成功する人のポイント

礼儀正しく書類も綺麗に管理されている。もちろん面接官へのお時間をいただきというお礼も述べる。

転職には経験を語れる説明力が必要

ポイントを整理して話せるか

ただ話せばいいというわけではない面接。聞かれた質問に対してすっきりと明確に答えることができるかどうかというのも重要です。

ベラベラと聞かれたこと以外を話してしまう人やあまりにも短い単語でぶっきらぼうに答える人の印象は決して良くはありません。

面接官に聞かれた質問に対して、要点をまとめて相手がわかりやすい答えを話せるように心がけたいものです。

その為には面接官に聞かれるであろう質問内容を想定しておき予め準備しておくことも必要です。

また、面接に行く回数も経験を積むという上では重要です。 本命の会社の面接の前に1~2社他の会社の面接を入れておくことができれば、面接にも少しは慣れていますし失敗したところを修正して本命の会社の面接に望めます。

転職に失敗する人のポイント

事前に質問される内容を想定しておらず、聞かれた質問に対して要点をまとめ整理して説明できない。

転職に成功する人のポイント

事前に質問される内容を想定しており、聞かれた質問に対して要点をまとめわかりやすく説明できる。

転職には勇気と根気が必要

このままを選ぶか、これからを選ぶか

「仕事を変える、会社を変える。」と文字にするのはすごく簡単なことですが、人生のターニングポイントになる転職はとても大変なことだと思います。

良い会社が見つかるまで時間もお金もかかるかもしれません。時には運やご縁も必要と感じるかもしれません。

それでも現状を変えるため転職したいと強く願うのであれば、たとえ不採用になっても卑屈にならず根気よく転職活動を行いましょう。

転職に失敗する人のポイント

2、3社不採用になってしまった後、転職を諦めてしまう。

転職に成功する人のポイント

この企業とは縁がなかったと割り切り、面接で改善するところはなかったかを振り返り、希望条件と合う企業探しと面接へ切り換える。

いかがでしたか?

転職するのには本当に勇気がいりますよね。だからこそとても1歩踏み出すまでに不安にもなりますし、ひょっとしたら笑顔の数も少なくなっていかもしれません。

でも、転職したいと強く願うのであればその1歩を踏み出すかどうかは他でもない「あなた自身が決めていいこと」なのですから。

最後に喜劇王のチャップリンはこんな名言を残されています。

人生は君が恐れなければ素晴らしいはずだ。人生に必要なのは勇気と想像力と…少しばかりのお金だけ。

それでは、よい転職をお祈りします!

 

こちらも合わせてご覧下さい
画像をクリックするとTOPページに移動します。

おしゃれなインテリア情報GREMAではこんなコンテンツを用意しています。

ソファの色にピッタリなお部屋のコーディネートは?

壁掛けテレビにする方法とお手本インテリアコーディネート

【パソコンルーム30選】趣味に仕事に没頭できそうな、おしゃれなパソコンルームインテリアコーディネート

画像をクリックするとTOPページに移動します。

キッズ向けのインテリア情報GREMA-KIDSではこんなコンテンツを用意しています。

【子供部屋】たまらなく可愛い女の子のおしゃれな子供部屋インテリアコーディネート20選

【子供部屋】たまらなく可愛い男の子の子供部屋インテリアコーディネート20選

【リアル白書】ステイホームで我が家が買ったアイテムたち

画像をクリックするとチャンネルに移動します。

カッコイイ×面白いと感じてもらえるような動画をケマハマジではたくさん紹介しています!

【レビュー】人気のSALONIA ストレートアイロンがめちゃ良かった!

【勢い大事!】アテレコで爆笑狙ってみまSHOW #6

【フォートナイト】イモる!イモれ!イモらナイト!