ポケモンGOの評判について

pokemon GO
爆発的な人気で話題となっている「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」
大人から子供まで夢中になりすぎて、色々なところで賛否両論を巻き起こしている中、果たして実際どうなんでしょうか?といったところですよね。
今回はそんな気になる「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」の評判と実際どうなのよ?といったところに迫っていきたいと思います。

 

GREMA-LIFEとは?
おもしろい・知りたいが見つかる生活応援WEBマガジン。 趣味や子育て、話題のトピックスや生活に役立つ情報をご紹介します。

 

世界中で楽しまれている「Pokémon GO」とは何なの?

そもそも「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」とはどんなもの?

ポケモンGOが全世界で爆発的なヒットを生み出しているのはなぜでしょうか?ポケモンシリーズをゲームなどでプレイした人がある人はポケモンの面白さはすでにご存じだと思いますが、まだゲームをプレイしたことない特に親から見れば、

 

「何がそんなに面白いのかわからない」

 

という人もいらっしゃると思います。今までのポケモンはDSやwiiなどのゲーム機を使用し、ゲームソフトとして子供から大人まで楽しまれていました。今回の「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」はスマートフォンを使用してのゲームとなります。スマートフォンにこの「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」のアプリをダウンロードして楽しむことができるゲームです。アプリのダウンロードは無料でダウンロード可能です。その際に少し注意が必要ですが、プレイストアに「ポケモンGO」とカタカナで入力するのではなく、

 

「Pokemon GO」

 

と英語で入力しないと間違えて違うアプリがたくさん出てきてしまうので、しっかりと確認してダウンロードをするようにご注意下さい。下記公式サイトからもダウンロード可能なので、間違えるかも知れなくて不安だという方はこちらからダウンロードされた方が安心だと思います。

「Pokémon GO」公式サイトはこちら

さて、気になるゲームの内容はというと、この現実の世界の色々な個所にポケモンがたくさん現れます。実際、目の前に現れると子供は喜んでも大人は腰を抜かしてしまいますが、そうではなくスマートフォンの画面の中に現れます。

 

「何だ、普通のゲームじゃん」

 

と一見思いそうなのですが、スマートフォンのちょうどカメラ撮影をするような感覚で、スマートフォンのカメラ越しに映る現実の世界の中にポケモンを発見することができます。

 

ポケモンGOイメージ
こんな感じにスマートフォン越しに見る現実の世界の中にポケモンを発見することができるというわけですね。

 

「それはわかったけど、一体どこにポケモンがいるのよ?」

 

となります。そのどこにいるかわからないポケモンたちを探す為に必要なのが地図となります。この地図がGoogleマップと連動しているので現実世界のリアルマップをみながらポケモンがいる場所へ向かい自分の足で歩いて実際に探しまわるということになります。まさに

 

「リアル世界とゲーム世界の融合」

 

となったのがこの「Pokémon GO」なのであります。

 

ポケモンGOマップ

 

このような画面で「ポケステーション」という場所を地図上で確認し、その付近まで歩いてアイテムやポケモンをゲットするのです。

 

「んで、ポケモンを集めて一体どうするのよ?」

 

という声が聞こえてきましたが、ものすごく簡単にいうと色々なところで集めた(捕獲した)ポケモンを育成したり、他のプレイヤーと戦わせたりするのであります。

 

ポケモンGO戦闘画面

 

こんな感じで他のプレイヤーのポケモンと戦ったり・・・

 

ポケモン育成画面

こんな風にゲットしたポケモンを育成して強くしたりするのであります。

 

大人気の「Pokémon GO」には親もGOサイン?

「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」に子供が夢中になってしまった時の危険性

新入社員のやってはいけないこと

子供も大好きなポケモン。「ピカチュウ」なんかはその愛くるしい容姿から知っているという人も多いと思います。子供が大好きなポケモンを夢中になって探すスピードやテンションは想像もつきません。宝探しや迷路のようなどこからどこまでの中というわけではなく、スマートフォンを片手にこの現実の世界の色々な場所にポケモンを探して歩き回るのですから、子を持つ親からすれば

 

「広すぎね?」

 

な想像を絶する範囲なのであります。なにせ世界中ですからね。また、水の近くには水ポケモンが発生しやすいらしく、水辺近くに子供が行くことも、また水辺にスマホを持ち込むこともとても怖いですね。少し目を離したとたん、子供たちはポケモンをゲットしたい一心なので色んなところへ勝手に歩いていってしまいます。かなり気をつけて見ておかないと

 

「ポケモンを探すはずが、慌てて子供を探すことに」

 

なりそうです。そして、もう1つ怖いのがスマートフォンを持っているということです。これは子供用のものなら紛失してもある程度あきらめがつくかもわかりませんが、親のスマートフォンなら話は別です。壊れただけでもダメージがハンパなく大きいのに、紛失したとなるとそのブルーな気持ちは海よりも深いことでしょう。電話もかけれませんし、色々な人の電話番号すらわからなくなってしまいます。個人情報の観点からも家の中ならともかく外では子供には気軽に絶対貸せませんね。また新たなスマートフォンの購入費用も決して安い金額ではないため、

 

「子供が古いスマホ無くしたから、おニューのスマホゲットだぜ!」

 

とは手放しでは喜べません。・・・というか笑えません。

現在でも、「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」をプレイしている中で様々な事故やトラブルが発生している模様です。学校でも保護者あてに注意を促すプリントが配布されたり、また一部の常識の無いプレイヤーの方は、自転車や車の運転中にプレイする人もいるらしく、交通違反を犯しながら危険運転を行うというゲームを楽しむ度合を通り越して何とも信じがたい人もいるようです。

この「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」の凄まじいブームの中、プレイしている人は周囲に十分配慮しながらマナーを守り、プレイしていない人も不意な事故やトラブルに巻き込まれないように警戒と注意が必要です。

 

「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」は実は大人がハマる?

あきらめないイメージ
さて、色々とお伝えしてきましたが。この「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」には大人も大ハマリしているのであります。どれくらいすごい人気かというとアメリカではTwitterのユーザー数を上回り、1週間のうちにアクティブユーザー数が6500万人を超えて、1日の利用者数が2100万人もの人が利用するという驚愕の人気ぶりなのです。

いやいやいや、6500万人というと日本の人口の約半分です。ハンパじゃないですよね。そんな快進撃を続ける「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」の人気が日本でも出ないわけがありません。子供たちがスマートフォンを片手にポケモンを探す姿はまだ微笑ましいかもしれませんが、大人の場合はどうでしょうか?昼間はお仕事もありなかなかポケモンを探すということは難しいですが、営業職の方なんかはアポイント前後の移動中に、

 

「契約はゲットできなかったけど、レアポケモンはゲットだぜ!」

 

となるのでしょうか?

また、日中はともかく夜中にスマートフォンをかざしてウロウロと住宅街などを歩いていると、おまわりさんや近隣の住人の方に不審者と勘違いされてもおかしくありません。そんな中、

 

「何してるんですか!」

 

職務質問イメージ

 

とおまわりさんや住人の方に職務質問や注意をされたら、

 

「いや、あの・・・ポケモンを探していまして」

 

と正直に答えると、

 

「なんだ、そうでしたか!ところで、レアポケモンはいましたか?」

 

などと理解・共感してもらえるのでしょうか?とても不安ですね。本当のことを伝えたのに「逆に怪しい・・・」と予期せぬ濡れ衣を着せられる可能性もあるので、ポケモンを探す時間帯や場所にも十分気をつけたいものです。

また、この異常なまでの「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」のブームにのっかり色々な悪用も行われる可能性も決して0ではありません。様々なトラブル続きだとかわいいポケモンたちが可哀想ですし、開発者の方も非常に残念なお気持ちでしょう。

子供も、親も、大人も、まずは現実の世界をしっかりと見つめた上で可愛いポケモンたちのいるスマホの世界を見つめたいものですね。

こちらも合わせてご覧下さい
画像をクリックするとチャンネルに移動します。

カッコイイ×面白いと感じてもらえるような動画をケマハマジではたくさん紹介しています!

【レビュー】人気のSALONIA ストレートアイロンがめちゃ良かった!

【勢い大事!】アテレコで爆笑狙ってみまSHOW #6

【フォートナイト】イモる!イモれ!イモらナイト!